速耳トレよもやまコラム

[05]耳で聴く読書

 携帯プレーヤーの出現で、非常に手軽に音声版コンテンツを持ち歩けるようになり、情報収集や学習のチャンスが格段に広がりました。なにしろCD何百枚分もの教材を持ち歩けるようになったわけですからね!

 
 聴いて楽しめるコンテンツはポッドキャストの普及とともに、これからどんどん増えていくものと思います。アメリカのようにカーステレオで自己啓発CDを聴きながら…となるかどうかはわかりませんが(日本の道路事情では…ネ!)、携帯プレーヤーで聴きながらというスタイルは普及していくのではないでしょうか。
 
 とはいえまだまだ音声で手に入るコンテンツというのは種類が多くありませんので、とりあえずは、本当に自分が惚れ込んだ教材を何度も聞いたり、スピードを上げながら聴いて脳力アップを図ったり、自分なりに使い方を割り切って考えておく方がいいですね。
 
 耳からしっかりと聴いた情報は、一般的にいって記憶に残りやすいものですから資格試験の教材を音声化して学習に活かしたり、私のように経営の勉強に使ったりというのはとても有効です。
 
 学習ということであれば、とにかく暇を見つけて聴くようにすれば、本当にムダのない時間の使い方ができますから、学習効率は上がること間違いなしです。ただし、一緒にメモ帳を持ち歩いて、気になることやひっかかったことはメモをとっておくことをお薦めします。
 
 また、あくまで「耳で聴く読書」も『幅の広い情報収集の1つの選択肢』であり、『目的に応じて使いこなす』というスタイルが必要です。記憶に残すべきもの、とりあえず情報収集的に目を通すもの、など目的によって熟読・速読・音声版を使い分けるのが理想です。
 
 さて、その耳で聴く読書のコンテンツとして非常にお勧めなのが「月刊トークス」です。実はこれ、2年前にヴィジョン学習研究会の玉城氏に勧められていたものですが、最近になってようやく手をつけたというシロモノです。(--;
 
 毎月CDが届けられるのですが、CDの中身はトークス編集長(岡田氏)自らが、毎月ビジネス書数十冊に目を通し「これは!」と思える4冊をピックアップして中身を要約し、プロの声優さんがレコーディングしているというおどろきのものなんです!
 
 1994年には(社)ニュービジネス協議会ニュービジネス大賞部門奨励賞受賞というものを受賞したそうですが、時間のない経営者、ビジネスマンのみなさんに本当によろこばれているそうです。
 
 このトークスのすごいところは「読書の達人が本当に価値のあるとして人に勧める本を凝縮した形で提供している」ということです。これなら自分で捜す手間が省けますから、すごくお得ですよね。まさに社長さんとかお偉いさんが、秘書やブレーンから凝縮された情報の報告を受けるみたいな感じです。
 
 そのCDを聴くだけでも価値のある情報を手に入れられるわけですが、それに感銘をうけたら、実際にその著書を手に取ってみる気持ちになるでしょうし、そこから読書の幅が広がっていくかもしれません。まさに1粒で2度おいしいという内容なわけです。
 
 CDとMP3の2種類で配信されていますから、利用しやすい方で試してみてください。CD版なら速耳マスター2で倍速加工して携帯プレーヤーで聴くことも可能ですよ♪
 
毎月CDが届く「月刊トークス」(3000円/月、30000円/年)
 
○岡田編集長渾身のメルマガも発行されています!(紹介文をいただきましたので、ご紹介します。)
 
■ビジネス書を選ぶ前に「まぐまぐ殿堂入り」のこのメルマガを読もう!
 
☆「社長必読!今月の4冊」は勉強熱心な社長・経営幹部を対象としたメルマガです。
☆毎月数十冊以上のビジネス書に目を通すビジネス経験豊富な編集長が厳選した4冊の本の中に出てくるキーワード及び編集裏話を紹介します。
☆このメルマガのベースになっているCDマガジンは何と創刊14年目です。並のビジネスマンでは絶対やらない(できない?)毎月数十冊以上の本に目を通す編集長が今月はどの本を選んだかを知るだけでも興味津々です。
ご登録は >> http://www.mag2.com/m/0000079782.htm
●●

投稿者 てら : 2008年03月25日 21:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayamimi.jp/mt/mt-tb.cgi/5

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)