速耳トレよもやまコラム

[11]MP3ファイルを作る

 速耳マスター2で高速な音声を作った後、例えばiPodなどのWMAに対応していないプレーヤーで聞きたい場合にどうしたらいいか、というお話です。

 
 残念ながら速耳マスター2はMP3の再生やエンコードに対応していません。これはMP3が法外なライセンス料を要求しているためです。他社はライセンス料を踏み倒して、著作権を侵害してMP3ファイルを再生できるようにしていますが、うちはそのようなことはしたくありません。
 
 そこで、非常に面倒だと思いますが、他のソフトを使ってMP3ファイルにエンコードしていただかなければなりません。
 
 そこでお薦めなのが CDex (フリーソフト)です。
 
 実は使いやすさではAudioEncoderというフリーソフトの方が上なのですが、サポートサイトが閉鎖されてしまったこと、長い音声を変換すると最後の数秒が切れてしまうことなどの問題があり、ここではCDexをご紹介することにします。
 
☆CDexをダウンロードする
 
 まず、CDexをダウンロードします。
 
http://sourceforge.net/projects/cdexos/
 
 こちらのページの緑色のバーをクリックして、さらに次のページでも緑色の「DOWNLOAD」のリンクをクリックすればダウンロードページに飛びます。そこで「cdex_170b2_enu.exe」(06.10.20現在)をダウンロードしてインストールすればOKでしょう。
 
 ただし、すべて英語なので日本語化するパッチをインストールした方がいいかもしれません!
 
☆日本語化パッチ
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se193023.html
 
☆エンコード手順
 
 まず、速耳マスター2で速耳音声を作るときに「wave」ファイルを指定しておいてください。エンコードしたいファイルがそろったらCDexを起動します。CDexによるエンコード方法はこちらをお読み頂ければOKかと思います!(手抜きですみません!)>>CDexによるWave->MP3エンコード
 
※「エンコード後、WAVEを削除」を指定しておけば、無駄なファイルがなくなります。
 
 分からないことがあればお尋ね下さい!
●●

投稿者 てら : 2008年03月25日 21:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hayamimi.jp/mt/mt-tb.cgi/11

このリストは、次のエントリーを参照しています

[11]MP3ファイルを作る】>>cdexの使い方 from の使い方ナビ

トラックバック時刻: 2008年04月19日 18:09

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)